こんにちは、アカオニです。

このブログ、「おにみがき」を通してコンプレックスまみれの私、アカオニが目指す目標と自身の生い立ちなどのプロフィールを公開します。

おにみがきとは美容健康に関する実践型ブログ

僕がブログを立ち上げた理由は2点、とても単純です。

  • 健康や美容に関する情報について調べた内容を記録すること
  • 実際に実践しながらコンプレックスや病気を改善していくこと

ブログを公開することで人に見られていることを意識して、毎日の食事制限のルールも守らなくちゃと気にするだろうし、途中でダイエットに失敗して挫折してしまう可能性も下がりそうです。

また、過去の記事を読み返して、何をすべきなのかを客観的に判断できるという部分も大きいですね。もしかしたら、僕が調べたことや実践した内容が困っている人の役に立つ事があるかもしれません。

次に、このブログで僕が実践しながら解消していきたい問題やコンプレックスを挙げてみます。

アカオニのコンプレックス・抱えている問題
  • 約110kgの超肥満体
  • 糖尿病予備群
  • パニック障害
  • 筋肉と体力の回復(2年間ほぼ寝たきりだった)
  • 腰痛
  • 便秘
  • 黒色表皮腫(首や腋、関節の色素沈着)
  • 首周りのポツポツ(スキンタッグ?)
  • ワキの下のイボ(懸垂性線維腫?)
  • 毛孔性苔癬(腕を中心に皮膚のボツボツ)
  • 全身の体毛
  • 薄毛(坊主にしたら、どうでもよくなってしまった)
  • 寝つきの悪さ

我ながらよくもまぁ、これだけの問題を抱えたもんだ…。子供の頃は自分の人生がこんなにハードモードになるなんて思いもしてませんでした。

まずは70kgへの減量を目指します

これらの問題を改善するために、すぐに解決できそうな問題と緊急性の高い問題から優先して解決していきます。

特に健康に影響を与える問題を優先して、ダイエットと糖尿病にならないために減量日記を更新していく予定です。

実践課程で健康的な食生活や運動を行うことで、便秘や体力をつけることもできると思います。もしかしたら肥満が原因といわれる黒色表皮腫のような症状も改善できるかもしれません。

パニック障害については、いつ治るのか明確なゴールを自分で設定することが難しい状況。そのため、とりあえず規則正しい生活を送りながら、ストレスや不安を軽減することを目標に日常生活を送ります。

レコーディングダイエットで毎日のダイエット記録を公開

ダイエット期間中は、日々の減量記録をレコーディングダイエットを参考に毎日更新します。1日1回チェックして頂けるとすご~くうれしいです。

  • 起床時間
  • 便通
  • 体温
  • 体重
  • 体脂肪
  • ウエスト
  • 食事内容
  • 摂取カロリー
  • 水分摂取量
  • 運動
  • 就寝時間

記録の中に1日の水分摂取量や摂取カロリーの合計、就寝時間など当日中には記載しづらいデータが含まれるため、記事更新のタイミングは翌日になることが多いと思います。例えば、12月31日の記録は1月1日に更新するといった形ですね。

プロフィール

最後に簡単にですが、僕のプロフィールを掲載しておきます。

ブログで成果があり次第、追記していきます。

名前 アカオニ
性別 男性
生年月日 昭和62年(1987年)2月20日
身長 178cm
体重 115kg(ブログ開始時)

過去の体重推移

僕は幼少期からずっと太っていて標準体型を一度も体験したことがありません。幼少期からそんな感じだったので本気でダイエットに取り組んだこともなく、ここまでブクブク太っていました。

良い機会なので記憶や家族の証言を頼りに、体重の推移を辿ってみました。うん、これはおもったよりもヒドイ。。

年齢 最大体重 内容
出生時 3550g 赤ちゃんの平均体重より若干重めの体重で生まれる。しかし体重以上に肉々しく、それはもう肉の塊にしか見えなかったらしい。兄とは出生時の時点で50gしか違わないのに、いつのまにか50kg以上の差をつけてしまいました。
幼少期 40kgを超える 七五三の写真が残っていたので僕のデブ加減を実際にご覧頂こうと思います。

七五三の衣装

普通、七五三の衣装といえば子供らしい明るいカラーが定番かと思いますが、僕の場合は衣装のサイズがなくて、やっとの思いでスタジオで手配して頂いたのがこの黄土色の衣装。

oh…

完全に筆頭家老か若様の守役ポジションです。貫禄だけなら暴れん坊将軍の船越英二さんにも負けていない。

小学校時代 小6で90kgを超える 太っていたので、球技以外はもちろん苦手。鉄棒やマラソンでは阿鼻叫喚の様相を呈していました。

小学校6年生時には体重がラガーマンタイプの担任教師を上回るほどに成長。

中学時代 中3で120kgを超える 高度肉塊成長期は常に右肩上がりでブクブクと太り続けます。何を血迷ったかバドミントン部に入部してみたところ、中学3年生時の県大会で団体戦で優勝。

体重の割に動けるデブだったようです。

高校卒業時 137kg以上 なぜか同級生の可愛い彼女ができるも、数々のコンプレックスから距離を縮めることが怖くなり自分から逃げ出す。

その後、なんと137.5kgまで計れる体重計がエラー表示になる。さすがに焦って断食した翌日に137.5kgを記録。

しかも、おそらく高校時代に2度狭心症らしき症状に見舞われて、簡単な食事制限などをしてみる。

18~23歳 115~125kg コンプレックスにくわえて、不安症でひきこもりニート状態。

20代前半で髪の毛まで薄くなり、さらに人生の難易度が上がるも坊主にしたらハゲなんてどうでもよくなってしまった。

体重は特にダイエットなどもせずに、高校時代からは少し減って120kg前後で推移していました。

24歳~
(2011~)
89kg 2011年の4月にパニック障害で倒れる。病名が判明して薬の効果が出るまで半年近くかかったこと、その間の約3ヶ月間、食べ物が喉を通らない時期もあったりして20kg以上、体重が減りました。

小学生以来の80kg台も素直に喜べず。しかも秒速でリバウンドして115kgに…

短期間のダイエットとリバウンドにより、筋肉が落ちて皮下脂肪をまとった結果、タプタプした肥満体になる。

以降もダイエットして15kgほどの減量に成功するも、体調不良で2年間寝たきりになり、その間にリバウンドしたりとダイエット成功とは言えず。

31歳~
(2018~)
115kg~

2018年6月、このまま人生詰んだ状態で死を待つだけはどうしても嫌なので、最後のダイエットを開始。

ブログでレコーディングダイエットを公開する。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でアカオニをフォローしよう!