この記事のまとめ

腸内では細菌がコロニーを作って生息している。

腸内細菌はおおまかに善玉菌、悪玉菌、日和見菌に分類できる

腸内環境が悪化する(悪玉菌が優勢になる)と日和見菌も悪さをする

健康的な腸内環境のために善玉菌の活動をサポートする必要がある

便秘で悩んでいる人が本当に多い。

僕もダイエットをはじめるにあたって、体重を減らすことはもちろん大切なんだけど、健康的に痩せたいという思いがとても強いことに気づきました。

具体的には、筋肉をつけながら基礎代謝の高い太りにくい体を目指したり、毒素を排出して体内から綺麗なカラダを目指しています。

ただ、綺麗なカラダを目指すといっても、ダイエット開始前は便秘に悩み、便の状態もよろしくない。そこで、まずは便秘や腸内環境について学んでみたので、情報をシェアしますね。

今回のテーマは「腸内フローラ」についてです。

ブログランキングに参加しています。
記事が役立ったら1日1回クリックして頂けると日々の更新の励みになります!

↓↓

腸内フローラとは

腸内フローラのイメージ

腸内フローラ(腸内細菌叢)とは、腸内がお花畑のようにキレイな状態を指しているわけではありません。

腸内には多種多様な細菌が住み着いており、それらの細菌が種類ごとにびっしりとコロニーを形成している様子が、まるで花畑みたいなんだとか。

でも実際に腸内細菌って、どのような働きをしているのでしょう?

人間の腸内に棲息する細菌の数

働きの前に、腸内細菌って体内にどれくらい棲息しているのでしょうか。

以前は、人間の腸内に生息する腸内細菌の数は約100兆個前後だと考えられてきました。

しかし近年、メタゲノム解析という細菌遺伝子を解析する手法で、腸内細菌は約2万種類、1000兆個も棲息していることがわかってきました。

ちなみに人間の細胞が約60兆個といわれていますから…う~ん、桁が違いすぎてまったくピンとこない!重さだと、もう少しわかりやすくなるでしょうか?

なんと腸内細菌の重さは約1.5kg!

目に見えないヤツラが1.5kg分も腸内でウジャウジャ、ワサワサ、ユラーリ住み着いていると考えたら、「もう一人だけの身体じゃないんだ…」と妊婦さんのようなセリフをつぶやきながらお腹をサスサスしてしまいました。

孤独に押しつぶされそうな夜は腸内細菌のことを思いだすことにします。

腸内細菌の種類

ところで僕の子供たちは…、いや腸内細菌たちは、どのような働きをしてくれるのでしょう?

  • 食べた食物の分解
  • ビタミンや酵素、ホルモンを合成して代謝や免疫機能を促す

人間の身体では作れない物質を合成してくれる腸内細菌も存在します。

近頃では、デブ菌(フィルミクテス門)、ヤセ菌(バクテロイデス門)の存在も注目を集めていますね。

便宜的に、人体にとって有益な働きをする細菌が善玉菌、反対に悪さをするものを悪玉菌と呼んでいるのです。

それに加えて、善玉菌でも悪玉菌でもない日和見菌の存在は無視できません。

理想的な腸内環境は善玉菌2割、悪玉菌1割、日和見菌7割だと言われています。

腸内細菌のバランス

腸内バランスの勢力図

腸内バランスにおいて、日和見菌の特性が厄介なんです。

善玉菌が優勢なうちは腸内でおとなしくしているのですが、悪玉菌が優勢となったとたん、悪玉菌に加担して一緒に悪さをするんです!

校内で不良の割合が増えると、普通の生徒まで素行が悪くなってしまう流れと同じだわ…。

だったら、体内から悪玉菌を駆逐する?ですが、悪玉菌を全滅させることはできません。悪玉菌は必要悪なんですね。

悪玉菌はショッカーみたいな存在。平和な街を仮面ライダーが闊歩していたらパニックになりますよね。人型バッタはショッカーという悪があるからこそヒーローでいられるのです。

腸内環境を改善するには日々、悪玉菌を減らして善玉菌が増えるような生活を送る必要があるのでした。

ブログランキングに参加しています。

今回の記事がお役に立てたなら、1日1回クリックして頂けると嬉しいです!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でアカオニをフォローしよう!